トップ > 妊婦さんの疑問を解消 用語解説集 > 無痛分娩のメリットとは?

元気で健康的な赤ちゃんを産みたい方へ

無痛分娩のメリットとは?

誘発硬膜外麻酔による無痛分娩は、単に痛みを軽減するというだけのものではありません。

実は、他にも

⇒ 自然分娩に比べて、短時間でお産が終了します。

『自然分娩の分娩時間』
初めてのお産――約15~18時間
出産経験のある産婦さん――約7~8時間

『誘発硬膜外麻酔による無痛分娩の分娩時間』
初めてのお産――約3~6時間
出産経験のある産婦さん――約2~4時間


⇒ 妊婦さんの産道の緊張を取り去りますので、赤ちゃんも楽に産まれてくることができます。

⇒ 子宮の筋肉が十分に柔らかくなるので、赤ちゃんに十分な酸素を供給することができ、産まれてくる赤ちゃんが酸素不足になることを未然に防止できます。

⇒ 妊婦さんの痛みが軽減されることにより、痛みからくる血圧の上昇を防いでくれます。普段から血圧の高い方、妊娠中毒症の方には最適とされています。

⇒ 母体はもちろん、赤ちゃんのも負担の少ない出産法ですので、難産になる恐れの多い方、羊水が少ない方にも最善の方法と言われています。

⇒ 痛みが少なく分娩も短時間で終わるため、産後の疲労回復が早い

この記事のカテゴリーは「妊婦さんの疑問を解消 用語解説集」です。
妊婦さん必見の用語解説集です。妊娠・出産・産婦人科に関する用語の解説と本の紹介。
関連記事

LDRとは?

LDRは英語の「LABOR=陣痛」「DELIVERY=分娩」「RECOVERY=...

NICUとは?

『NICU』=『新生児集中治療室』 様々な病気をもって生まれた新生児の治療に必要...

4D超音波診断とは?

4D超音波診断装置とは、静止画像である3D超音波装置に対し、さらにリアルタイムに...

無痛分娩とは?

無痛分娩とは麻酔薬を用いて陣痛の痛みを軽減して出産する方法を言います。 背骨の脊...