トップ > 妊婦さんの疑問を解消 用語解説集 > 低侵襲(ていしんしゅう)手術

元気で健康的な赤ちゃんを産みたい方へ

低侵襲(ていしんしゅう)手術

低侵襲(ていしんしゅう)手術とは、内視鏡等を用いり、体に付く傷を小さくして病気を治す手術方法を言います。

例えば、胆石症に対する腹腔鏡下手術、産婦人科に関係する病気については、子宮がん等で使用される手法として有名です。

傷が小さい(痛みが少ない)ことから、入院期間も短くなり、仕事復帰も早いといった利点もあります。

そういったメリットから、低侵襲手術は近年盛んに行われているのですが、反面、見えない患部を対象に手術を行うことになるため、医師が患部を直接見ながら行う手術に比べて手術のリスクは大きくなりがちとなります。

そこで、手術前に予め撮影しておいたCT等の画像から3次元モデルを作り、この3次元モデルの情報と患部のモニター画面を見ながら手術を行う「手術ナビゲーションシステム」が注目を集めており、徐々に普及し始めています。

この記事のカテゴリーは「妊婦さんの疑問を解消 用語解説集」です。
妊婦さん必見の用語解説集です。妊娠・出産・産婦人科に関する用語の解説と本の紹介。
関連記事

LDRとは?

LDRは英語の「LABOR=陣痛」「DELIVERY=分娩」「RECOVERY=...

NICUとは?

『NICU』=『新生児集中治療室』 様々な病気をもって生まれた新生児の治療に必要...

4D超音波診断とは?

4D超音波診断装置とは、静止画像である3D超音波装置に対し、さらにリアルタイムに...

無痛分娩とは?

無痛分娩とは麻酔薬を用いて陣痛の痛みを軽減して出産する方法を言います。 背骨の脊...