トップ > 妊婦さんの疑問を解消 用語解説集 > 顕微受精

元気で健康的な赤ちゃんを産みたい方へ

顕微受精

顕微受精とは1個の精子を細いガラスの針で卵子の細胞の中へ直接注入する方法を言います。

特に「ICSI(卵細胞質内精子注入法)」という手法では、70~80%の高い受精率が得られ、それらを胚移植することで、精子の状態の悪い不妊症患者に対しても高い妊娠率が得られるようになってきています。

この記事のカテゴリーは「妊婦さんの疑問を解消 用語解説集」です。
妊婦さん必見の用語解説集です。妊娠・出産・産婦人科に関する用語の解説と本の紹介。
関連記事

LDRとは?

LDRは英語の「LABOR=陣痛」「DELIVERY=分娩」「RECOVERY=...

NICUとは?

『NICU』=『新生児集中治療室』 様々な病気をもって生まれた新生児の治療に必要...

4D超音波診断とは?

4D超音波診断装置とは、静止画像である3D超音波装置に対し、さらにリアルタイムに...

無痛分娩とは?

無痛分娩とは麻酔薬を用いて陣痛の痛みを軽減して出産する方法を言います。 背骨の脊...