トップ > 妊婦さんの疑問を解消 用語解説集 > 新生児聴覚スクリーニング検査

元気で健康的な赤ちゃんを産みたい方へ

新生児聴覚スクリーニング検査

生れながらに聴力障害があった場合、言葉の習得や社会的能力の発達の遅れが認められることから、早期の発見と適切な援助のために、新生児を対象に、行われる「耳の聴こえ」を調べる検査。

この検査は、赤ちやんが生後2日頃~退院までに行う検査で、眠っている赤ちやんに35dB(デシベル)とか40dBのささやき声程度の音を聞かせ、その反応を調べます。

検査時間は基本的に10分位ですが、赤ちゃんの状態によりもう少し時間がかかる場合もあります。

安全な検査で、赤ちゃんは何の痛みも感じず、副作用もありません。薬も使用しません。

この記事のカテゴリーは「妊婦さんの疑問を解消 用語解説集」です。
妊婦さん必見の用語解説集です。妊娠・出産・産婦人科に関する用語の解説と本の紹介。
関連記事

LDRとは?

LDRは英語の「LABOR=陣痛」「DELIVERY=分娩」「RECOVERY=...

NICUとは?

『NICU』=『新生児集中治療室』 様々な病気をもって生まれた新生児の治療に必要...

4D超音波診断とは?

4D超音波診断装置とは、静止画像である3D超音波装置に対し、さらにリアルタイムに...

無痛分娩とは?

無痛分娩とは麻酔薬を用いて陣痛の痛みを軽減して出産する方法を言います。 背骨の脊...