トップ > 妊婦さんの疑問を解消 用語解説集 > 4D超音波診断とは?

元気で健康的な赤ちゃんを産みたい方へ

4D超音波診断とは?

4D超音波診断装置とは、静止画像である3D超音波装置に対し、さらにリアルタイムに動いている胎児を動画で見ることのできる装置をいいます。

リアルタイムに子宮内の胎児の様子(胎児の顔の表情、からだを動かす、手足を動かす、あくびのように口を開ける、指をしゃぶる、伸びをする、からだを回転する、笑っているように見えるなど)をご自分の目で見ることが可能です。

ただし、羊水の量や赤ちゃんの向き、位置によっては残念ながら映らない場合もあるようですね。

大阪でも導入している産婦人科が多く、また無料というところも多いです

この記事のカテゴリーは「妊婦さんの疑問を解消 用語解説集」です。
妊婦さん必見の用語解説集です。妊娠・出産・産婦人科に関する用語の解説と本の紹介。
関連記事

LDRとは?

LDRは英語の「LABOR=陣痛」「DELIVERY=分娩」「RECOVERY=...

NICUとは?

『NICU』=『新生児集中治療室』 様々な病気をもって生まれた新生児の治療に必要...

4D超音波診断とは?

4D超音波診断装置とは、静止画像である3D超音波装置に対し、さらにリアルタイムに...

無痛分娩とは?

無痛分娩とは麻酔薬を用いて陣痛の痛みを軽減して出産する方法を言います。 背骨の脊...